セラピストとして働くために大切なこと

オイルマッサージなどで癒しを提供するエステサロンのセラピストとして働くために、知っておきたいポイントがありますので、ご紹介します。

爪は短く

セラピストは、施術中はお客様の肌に直接手を触れることになります。そのため、ハンドマッサージをする際に爪が少しでも伸びていると、爪が触れてしまって肌を傷つけてしまったり、痛みを与えてしまうことがあります。それを防ぐためにも、セラピストとして働く際には爪を短く整えることを忘れないようにしましょう。

言葉使い

メンズマッサージは、接客業です。そのため、接客では丁寧な言葉使いが必要となります。お客様の中には、言葉使いができていないことで機嫌を損ねてしまうこともありますので、丁寧な言葉使いを覚え、心がけるようにしましょう。しかし、慣れてきて常連となった方の中には、よりリラックスできるようにフランクな話し方を希望される方もいらっしゃいます。そのような場合には、臨機応変に対応するようにしましょう。

身だしなみ

そして、セラピストとして働くために最も大切なこととして「清潔感」が挙げられます。いくらお店や室内が清潔感のあるデザインであったとしても、セラピストの身だしなみが整っていなければお客様に不快な思いをさせてしまうことになります。お客様が気持ちよくリラックスするためには、セラピストの清潔感が欠かせないのです。髪の毛や服装などの身だしなみがしっかりしていないと、お客様のリピートに繋がらない場合もあり、それは自身の歩合にも影響を与えることになってしまいます。お客様を癒すセラピストとして、きちんと身だしなみを整えるように心がけてみてください。

これらのポイントは、セラピストとして働く際にとても大切なこととなります。そして、それらをきちんと身につけることができれば、自身の収入アップにも繋がりますので、覚えておいて損はありません。メンズマッサージを行う当店では、現在セラピストの求人を行っております。店舗は大阪の浪速区と兵庫の神戸三宮の二ヶ所があり、どちらも勤務可能です。今後は京都でも店舗をオープンさせる予定となっておりますので、京都をはじめ、大阪や兵庫にお住まいの方で男性のおもてなしをする癒しのセラピストとしてアルバイトをしたいとお考えでしたら、ぜひ当店にご連絡ください。